第12回科博連サイエンスフェスティバルに出展しました(2018年2月4日)

「レーザーカットした材料で乗り物を作ろう」

 「高専ハンドスピナーを作ろう」

  

場所:京都市青少年科学センター

実施者:舞鶴工業高等専門学校 機械工学科
(教員:生水,豊田,村上、須田(企画のみ) 4M学生:2名,3M学生:6名)

 日時:平成2824日(日)10:0016:00

 参加者:科博連サイエンスフェスティバル参加の幼稚園,小中学生および保護者

 10名 保護者も含めると200名以上が参加してくれました。)

  

 例年出展している「科博連サイエンスフェスティバル」に,今年も出展しました。

 
 「レーザーカットした材料で乗り物を作ろう」では、学生がデザインした乗り物(そり、飛行機)のフレーム模型を組み立てました。デザイン担当の学生が子供たちに組み立てを指導することで、設計思想を相手に伝えることの難しさやユーザフレンドリーな設計の重要性を体験的に学ぶ場ともなりました。

 

 「高専ハンドスピナーを作ろう」は新たなテーマで、身近なおもちゃづくりを通じて子供たちにものづくりの面白さを体験してもらうことを狙いとしました。

 

 両テーマ合わせて160枚の整理券を用意していましたが、大変盛況でお昼前に完配となりました。

「高専ハンドスピナーを作ろう」
高専ハンドスピナーを作ろう

「レーザーカットした材料で乗り物を作ろう」
レーザーカットした材料で乗り物を作ろう

舞鶴ブースにお越し頂いた皆様に深く御礼申し上げます。

2018.2.5 S. Murakami


 
機械工学科トップページ学生生活授業紹介地域貢献
30年度29年度28年度27年度26年度25年度
研究分野の紹介技術的な取組み卒業研究教員紹介とオフィスアワー研究室紹介進学先就職先卒業生の声シラバス過去の記事行事予定
 Since 2014 Feb.345381