企業の技術者にご講演いただきました
2016年11月29日(火)
12:55~14:25
本校視聴覚教室

1年生の授業において『工学基礎』という、
機械工学科・電気情報工学科・電子制御工学科・建設システム工学科の
4学科を横断した授業があります。

本年度は機械工学科の教員が取りまとめとなって進めています。

授業の中では講演会を2回開催し、
ものつくりの現状や先端技術を見聞きし、工学の意義を理解する
内容が盛り込まれています。

今年度の第2回講演会としまして、
『はかりしれない技術を、世界へ。』でおなじみの
株式会社イシダの技術者さんにご講演いただきました。
講演内容は下記の通りです。

講師:坂本 慎介 氏
    (株式会社イシダ 開発部 部長
演題:株式会社イシダにおける、世界No1への道

組み合せ計量機やX線検査装置やウェイトチェッカーやオートケーサーなどの、
「食のインフラ」とよばれる技術についてご講演いただきました。
学生も皆日ごろ出会わない企業の技術者のお話を
食い入るように聴講していました。

また、自分の専門学科の内容とは違う話を聞けて、
より幅広い知識が得られたのではないでしょうか。


ご講演中の坂本様です。
分かり易く興味深いお話をしていただきました。

身近なポテトチップスにも技術が生かされていると聞き、
熱心にメモを取る学生たち。


最後に質疑応答を設けていただきました。
活発な意見が出て有意義な講演会になりました。


坂本様も熱心にお答えいただきました。



2016.11.29 A.SUDA
 
機械工学科トップページ学生生活授業紹介地域貢献研究分野の紹介技術的な取組み卒業研究教員紹介研究室紹介進学先就職先卒業生の声シラバス過去の記事行事予定
 Since 2014 Feb.219119