三菱重工業株式会社による特別授業が実施されました

高専機構と三菱重工業株式会社が締結した「包括連携協定」に基づく特別授業が、以下のように実施されました.

 

日時:1211() 13時~16(180分授業)

題目:「技(わざ)」と「術(すべ)」を考える~知識を智恵に変えるとは~

内容:生産技術(IE)・生産管理教育

講師:三菱重工業株式会社 技術統括本部 ものづくり技術部

   技監・マネージングエキスパート  大坂 弘美氏

対象:機械工学科4年生,5年生および教職員

場所:視聴覚教室(図書館棟3階)

 

「生産技術(IE)・生産管理」に関する授業が、学生および教職員約90名を対象に実施されました。製造技術と生産技術の違い、三大管理技術とは何か、IE(インダストリアル・エンジニアリング)とは何か等について、平易な用語を使ってわかりやすい授業をして頂きました。また講義の所々に「休憩」と称する「クイズ」を挟み、聴講者を退屈させない工夫が多く盛り込まれており、充実した特別授業を受けることが出来ました。

聴講した学生のアンケートからは、「わかりやすく、楽しい授業でした」、「内容の濃い授業でした」、「殆ど眠くならない授業でした」等の声を聞くことができました。また教職員のアンケートからは、「技者ではなく術者を育てたい」、「知識を智恵に少しでも転換できる授業内容を創り出したい」、「三菱重工との繋がりを今後も大切にしていきたい」等の声を聞くことができました。なお、本特別授業には、三菱重工業株式会社技術統括本部 ものづくり技術部 主席部員 原 剛氏および高専機構 本部事務局教育研究調査室員・教授 本江 哲行氏の二名の方が同行されました。

  
  
 
機械工学科トップページ学生生活授業紹介地域貢献研究分野の紹介技術的な取組み卒業研究教員紹介研究室紹介進学先就職先卒業生の声シラバス過去の記事行事予定
 Since 2014 Feb.239696