お知らせ
「第19回青少年のための科学の祭典 京都大会」出展

「物を動かすエネルギーはどう伝わっているの?」

1部「モーターで動くペーパーからくり装置を作ろう!」-

2部「車のエンジンとエネルギー伝達の仕組みを調べてみよう!」-

 

場所:京エコロジーセンター

実施者:舞鶴工業高等専門学校 山田,野毛,他5M学生5名,OB学生1

日時:平成26119日(日) 10:0016:45

参加者:第19回青少年のための科学の祭典京都大会参加の幼稚園,小中学生および保護者

    (1部 30名,240名 保護者も含めると140名が参加してくれました。)

 

例年,電気情報工学科のみが出展していた科学の祭典に,今年は1日目電気情報工学科,2日目機械工学科という形で出展しました。機械工学科では「モーターで動くペーパーからくり装置を作ろう!」と「車のエンジンとエネルギー伝達の仕組みを調べてみよう!」の2つを同時に出展しました。9:00~準備を開始し(写真13),10:00~イベントを開始しました。「モーターで動くペーパーからくり装置を作ろう!」では写真4のような装置の工作,「車のエンジンとエネルギー伝達の仕組みを調べてみよう!」では写真5のような学生自作キットの組立を体験してもらいました。今回は,じっくりと工作・体験してもらおうということで,ペーパーからくり装置は170分程度,エネルギー伝達の仕組みは150分程度に設定して工作・組立をしてもらいました。ペーパーからくり装置は30名(写真68),エネルギー伝達の仕組みは40名(写真911)の子供達に工作・組立してもらい,保護者・兄弟を含めると140名の方々に体験してもらいました。工作・組立をしてもらった子どもは機械の仕掛けに興味を持ってくれたようで,みんな最後には笑顔で「ありがとう」と言ってくれました。出展の合間に,協力してくれた5M学生は他のブースの視察もしてくれ,今後への参考意見もくれました。

また,京都市内の工作機械メーカに勤めているOB学生(H25年度卒)も応援に駆けつけてくれました。ありがとうございました。

  
         写真1 準備の様子(1)                                   写真2 準備の様子(2)
  
           写真3 準備の様子(3)                           写真4 モーターで動くからくり装置
  
  写真5 エンジンとエネルギー伝達装置         写真6 からくり制作の様子(1)
  
       写真7 からくり制作の様子(2)                       写真8 からくり制作の様子(3)
  
   写真9 エネルギー伝達の説明             写真10 伝達装置の組立(1)
  

      写真11 伝達装置の組立(2)           写真12 他のブースの視察
 
機械工学科トップページ学生生活授業紹介地域貢献研究分野の紹介技術的な取組み卒業研究教員紹介研究室紹介進学先就職先卒業生の声シラバス過去の記事行事予定
 Since 2014 Feb.239688