お知らせ
H26年度機械工学科出前授業(9月)

場所: 舞鶴市立高野小学校 
実施者: 舞鶴高専機械工学科 野毛、山田、他学生2名
日時: 平成26年9月22日(月) 14:30~16:30
参加者: 小学生15名、教諭1名、校長1名


「車はなぜ動くの?」というテーマで、はじめにエンジンの仕組みについて簡単な説明を行いました。この説明の中で、車にはエンジンがついていて、エンジンはガソリンや軽油で動いていること、またエンジンの中では燃料が燃焼し、熱が発生し、その熱こそがエンジンを動かす動力に変換されているということを学びました。  
その後、エンジンで発生した動力がタイヤにどう伝わっていくかを簡単なエンジン模型を組み立て、動力伝達の仕組みを明らかにしました。

【小学生の様子】
車にはエンジンがついていて、ガソリンや軽油で動くというところまでは、日常生活を通してよく知っていました。しかし、エンジンの中で燃料がどうなっているかを知っている生徒は少ないようでした。  中には、エンジン燃焼動画の説明中に燃料がどのタイミングで燃焼するか、あるいは燃焼した後には排出ガスが発生するということを知っている生徒もいました。
また、教材を見た瞬間に「こんなの作れるのは嬉しい」という声も多数聞けました。作った後に、ピストン、歯車、タイヤが同時に動いた時は皆、大変喜んでいました。

  

  

 
機械工学科トップページ学生生活授業紹介地域貢献研究分野の紹介技術的な取組み卒業研究教員紹介研究室紹介進学先就職先卒業生の声シラバス過去の記事行事予定
 Since 2014 Feb.239672